文具マニアのFPこみなみ通信

文具マニアのFPこみなみが、仕事でがんばる皆さんのために、お金の話やおすすめの仕事文具をご紹介します。

もしかすると、あなたが損してるかもしれない在宅勤務【時間編】

今回は在宅勤務で見逃しがちな「時間」について考えてみましょう。

 

テレワーカーのスタイルは2種類

新型コロナウイルス感染防止のために、急速に進む企業の「テレワーク」。

「家で仕事をする」というイメージが強い「テレワーク」ですが、会社に出勤せず仕事をするテレワーカーには、2種類のスタイルがあります。

 

1.自宅で仕事をしているホームオフィス・スタイル
2.家ではなく、カフェやコワーキングスペースサテライトオフィスなどで仕事をしている、ノマドワーク・スタイル

 

 

 

f:id:fpk2017:20201004162332j:plain

(Photo by 写真AC coji_coji_ac)

Home Office Workerのメリットとデメリット

 

Home Office Worker のメリット


1.通勤しなくていい

2.家族と一緒に過ごせる時間が増える

3.化粧品・服などのお金がかからない

 

 Home Office Workerの最大のデメリット


家族や家事のことで仕事に集中できない!

 

 

f:id:fpk2017:20201004165156j:plain

(Photo by 写真AC キイロイトリ

 

 

最初は自宅で無理なくスタート

 

f:id:fpk2017:20201004170135j:plain

(Photo by 写真AC:ACWORKS)

 

 私は、事務所の賃貸料、通勤にかかる時間、外食する経費を考えると、最初は家で仕事をする方が、賢いと思います。

 

例えば、「自宅で仕事をしすると、集中できない!」という人のために、こんな商品が出ています。

 

 

でも、本格的に家で仕事をするには、家具の模様替えやリフォーム、個室のある家への住み替えが必要になるでしょう。

 

事務所開設は計画的に

私も起業家の集まりで「家がバタバタして、仕事ができないから事務所を借りた」

という話を何度か聞いています。

「事務所に出勤すると、やる気が出る」というのも、ニュアンスはわかるんですが。 

自宅で仕事をするよりも「家賃」「通勤時間」「外食費」「交通費」分、多く稼がなければいけません。

最初は自宅で、事務所は仕事が軌道に乗ってきたらでいいと思います。

最近では、ヴァーチャル登記で、会社の登記先だけを「借りる」選択肢もあります。

 

このカテゴリ「おうちじかんと仕事」では、「家で快適に仕事をするには」の視点で、「文具を使った整理術」「部屋の模様替え」「リフォーム」「お金」「在宅勤務しやすい工夫」について考えていきます。

 

よろしくお願いします。